UPRISINGアップライジング

Hector のバーUPRISINGの紹介・イベント情報・ ガーナ・アフリカの四方山話・ Akosua と子供たちの日常etc.

賞罰の法則

長男はずっと野球をやってるんですが、
今月からサッカーも始めました。

野球の指導をしていただいてる監督は稀にみるような厳しい人で、
絶対に褒めることはありません。
怒るか何も言わないかしかなくて「褒める」はありません。
試合の時なども失敗すると「ばか」「あほ」「帰れ」などとなりますので
長男などは監督の顔色うかがって萎縮してるのが分かります。
そういうわけで、家ではフォローするように言われてるんですが
Akosua一緒になって「あの時のあれは一体何なのよ〜!キーッ」となってしまって
後で反省することも多々あり・・・。

一方のサッカーのクラス。
長男は週6日野球の練習に行ってますので、
友達と野球以外のことをする時間もほとんどなく、
サッカーなんてホントへたくそなんです。
習い始めた時、ヘクターとちょっと公園でやったときも
下手さにびっくりしたヘクターに
「やっぱり野球した方がいいですよ〜」と言われてましたから。
(その後気をとりなおして色々アドバイスしてましたが)
クラスでも、
「他の子が上手にドリブルしているのを見ると悲しくなるし
自分のところにボールが来ると軽くパニックになる」そうです。
だけど、
楽しくて仕方がないそうです。
失敗しても怒鳴られないし、やろうとしたことを認めてくれるからなんでしょう。
(野球だったら「何がしたいんだ!馬鹿!」となる)
もちろん、そうじゃなくてこうしなさいなどと教えてもらってますが
「今のいいよ!」とか「惜しい!」とか認めてもらえると
いつも怒られてばかりの、単純細胞の長男は、嬉しくなって
「楽しい!」「もっとやりたい!」ってなるみたいです。

Akosuaは野球のこともサッカーのことも分かりませんし
監督やコーチを信頼してお任せしてるので
良いとか悪いとか言うつもりはありませんが
長男の性格的に、褒めてもらったり、認めてもらったりする方が
やる気に繋がるみたいです。
もちろん、野球で厳しく厳しくしていただいて、身に付いたこともたくさんあると思います。

ガーナのサッカー選手が、いつも「サッカーは楽しくないと出来ない」
だから「アフリカ人は、厳しい(strict)監督は嫌なんだ」って言ってましたが
そういう意味では、うちの長男も大いにアフリカンですね。

こんなこと言っても、Akosua長男を褒めて育てるのってなかなか出来てないんですけどね。
反省。

鼻血が〜

「男の子ってよく鼻血だすよ」ってママ友達が言ってましたが
うちは、長男も次男も生まれてこのかた鼻血出たことないですし、
ヘクターとも知りあって17年(怖ッ!)になりますが、今まで鼻血だしたのを見たことないので
(最近は一緒に住んでいないので知りませんが・・・)
昨夜から朝方にかけて、寝ている次男がくしゃみをする度に
ドバドバーっと鼻血を出した時は、Akosuaパニックになりましたよ。

何度も鼻血出すので、その度にシーツやパジャマが、
ただ事ではない様相に・・・。

ずっとエアコンつけっぱなしだったので乾燥してたのか
昨日はサッカーの日で熱中症気味だったのか
(フットサルのコートでやってるので、蒸し風呂状態なんですよ)
サッカーの後、チョコレートアイスとコアラのマーチを食べたのでチョコレートの食べすぎか・・・
今日は、くしゃみする度にギクッとしてましたよ。
昨夜の騒動で寝られなかったので、わたくしフラフラでした。

元気でね♪

長男のクラスメートが東京へ転勤することになって
長男、お別れ会に行って夕方まで遊んで来ました。
仲良くしてくれていたので、とても残念です。

チームは違うけれど、その子も野球をしていたので
長男、お別れのプレゼントに、現在使っていないバットをあげたそうです。
何も使い古しをあげることないのにね、とも思いましたが、
子どもたちなりに、いろいろあるのでしょう。

そして、
長男が家庭科の授業で制作した「ナップサック」を
とても気に入ってくれたらしくて
それもあげてました。
さっそくグローブを入れて遊びに来てたそうです。

ナップサック
見難いですが、外側にメッシュの生地でポケットをつけています。

この友達、とても礼儀正しく、きちんと話ができる子で、常々感心していたんですが、
Akosuaにも「お世話になりました。寂しいです。」と言いにきてくれました。
寂しくなるけど、この子ならどこへ行っても大丈夫だろうな・・・。
また、福岡に戻って来てくれると嬉しいです。


バオバブの木が消滅?

動植物の宝庫であるマダガスカルでは、
森林伐採などによる環境破壊でその貴重な動植物にも悪影響が及んでいるそうですが
「バオバブの木」も例外ではないようで
昨夜の「NHK今日の世界」でも
農業様式の変化によって、バオバブの木が消滅の危機にあるということが
伝えられていました。(多分フランスのニュース)
神聖な木として、また食物や薬としても用いられるなど、
人々の暮らしととても繋がりが深い木であるだけに、とても残念ですよね。
「アフリカ」ときいて「バオバブの木」を連想する人も多いのではないでしょうか。

バオバブ
こちらはタンザニアのバオバブ(byさるおさん)


昔、旅行中にたまたまマダガスカル出身の人に会ったのですが
その人がマダガスカル出身だときいて、ある人(シンガポール人)が
「マダガスカルって猿がいっぱいいるんでしょう?」と聞いたら
その人「はぁ」みたいなリアクションで苦笑するのが精一杯だったんですよね。
Akosuaは内心「ホントにたくさんの種類のお猿さんがいるじゃんよ?」って
思って見てましたが
何がそんなに気に障ったのかな?「マダガスカル=猿」みたいなのが嫌だったのかな?と
マダガスカルと聞くといつも思い出してしまいます。
行ってみたいことろの一つでもあります。

ガーナにも猿とヒトが共存する村があって、
以前NHKの「エコ大紀行」でカクム国立公園と共に紹介されていて
ガーナに次回行くことがあれば、ぜひ行ってみたいと思ってるんです。

あたまがクラクラします〜

夏休みが始まりましたね。
毎日暑い日が続いていますが、皆さまお元気でいらっしゃいますか?

Akosuaの頭がくらくらしているのは、暑さのせいではなく、
はい、もうお分かりですね。そうです。長男です。

先日の終業式に持ち返った通信表をみて、一瞬目が点になりましたが、
毎年担任が変わるため一概にこれまでと比較もできないので、
かと言ってクラスメートのお母さんに「どうだった〜?」と尋ねる勇気もなく
「手厳しい評価をなさる先生なのね〜」と勝手に思い込んでいたんですが、
今日送りつけられた塾のテストの成績を見て、
評価が妥当であることを思い知らされました〜(泣)。

理・社は悪くないんですが、算は悪、国は最悪〜♪
ちょっと見たことないような偏差値でしたよ。

長男は中学受験をしないことにしてますし、
今までの成績が悪くなかったので
あまり心配してなかったんですが
こんなに急落することってあるんですね。
6年生になると、やっぱりきちんとやってないとダメなんですね。
来月の個人懇談が恐ろしいですよ・・・。

甥っ子誕生〜♪

待ちに待った甥っ子が、予定より大分遅れて、昨日誕生しました☆
妹の「へーちゃん」は本当に大変な思いをしたようです。
Akosuaのお産が超楽ち〜んだったので、自分もあまり心配してなかったようですが、
始まってみたらこりゃ〜大変!よく頑張りましたよ。

ヘクター家子どもたちにとってもただ事ではありません。
何たって初の従兄弟誕生ですからね。(日本での)
ガーナには、ヘクター方のいとこがうじゃうじゃいますがね。
小さい頃1度ガーナに行っただけなので、向こうの従兄弟たちとの交流もないため
(英語しゃべれないし・・・)
今回身近に従兄弟ができたことが嬉しくて
長男は昨夜眠れなかったそうです。(今日塾のテストだったのに・・・)

仲良く育ってくれるといいな〜。

クラスの女子全員を敵にまわしてしまった長男

先日の「苦悩する長男」の続編。

長男、悩んだ末、とぼけることにしたそうです。

そうしたら、毎日毎日入れ替わり、クラスの女子が
なぜ、返事をしないのか、
一体どう思っているのか、
と攻撃してきて、
長男は、その都度「は?何のこと?」と、とぼけているらしいです。

どうも、その女の子は力のある子のようで、
以前にも、うちに他の女の子が派遣されてきて
「○○さんのことどう思う?」と尋ねていたり・・・。

傍からみたら、面白いですが、
長男にとっては笑いごとではないようです。

This is football.

「勝つチャンスがあったのに、運が悪かった。」
「これがサッカーだ。」
と、当の選手や監督が言っているのだから、
きっと、そうなんでしょう・・・。

今朝、ブラックスターズはコトカ国際空港で国民にあたたかく迎えられたそうです。
試合の後は、GhanaWebのスポーツ欄などに
目前の勝利を逃したことに激怒した人々が
アサモア・ジャン選手を非難するコメントを多く残していたので
とても心配しましたが、
数日経って、冷静になったのか
今ではほとんどが選手らの健闘をたたえるコメントになっていて
安心しました。

昨夜、再放送をやってた
<シリーズ 世界のサッカー事情>
「さまようアフリカの少年たち 〜サッカードリーム 光と影〜」(NHK)では、
プロのサッカー選手になることを夢見てヨーロッパに渡った
アフリカの有能な少年たちの行く末がドキュメントになっていました。
サッカーにはこういう側面もあるんですね。

そして、
我が家では
2人の息子が今月からサッカーを始めました。
はい。ワールドカップ熱です。
(Akosua、絶対に手を使わないように子どもたちに言っていますよ!)
2人とも楽しくてたまらないようです。
ヘクターと子どもたちを結ぶ線が1本増えました。
これも、サッカーです。

何だかモヤモヤ〜・・・

先日の「ガーナvsウルグアイ」戦。
ルールに則って決まった勝敗なので、後からごちゃごちゃ言うのも何ですが、

スアレス選手に対してとられた措置は、次の1試合出場停止ということになったようです。

ハンドリング


あの決定的なゴールとなったであろうボールを手で押し出した反則が、
退場&1試合出場禁止で済まされるのなら、
フェアプレイより「勝つこと」を重んじる選手は、
「やるかやられるか」の局面にあれば、やるでしょうよ。

そして、与えられたPKを相手チームがはずしてくれたら
どんなに重要な試合でも、
場合によっては勝敗がひっくり返ることにもなって(まさにガーナ戦がそうでした)、
反則はしたけれどそれに対する罰は受けたし、
その代償として与えたPKをはずしたのは相手でしょう、ってことですものね。

ペナルティーエリアでのファウルなら
たとえファウルがなくても、必ずしもゴールが決まるわけではないですから
それに対する代償が、決まるかどうか分からないPKでも妥当に思えますが、
明らかにゴールラインを越えているボールを手で押し出した場合に
得られる代償が不確実なPK(+反則者の退場と次試合出場停止)というのは・・・。


サッカーで手を使うことって、
即時退場させられるほど「やっちゃいけないこと」じゃないんですかね・・・。
だけど、結果的には
相手がPKをはずしてくれたら、儲けもん。
(あのスアレス選手のガッツポーズ、見ました?)(一方のジャン選手・・・)
それがワールドカップのトーナメントともなると、やった選手はまるで
「ヒーロー」ですからね。

場面は違いますが、
イングランドのテリー選手が、ペナルティーエリアで
手に当たらないように、両手を引っ込めて頭からダイビングした姿が対照的に思われます。





Akosuaのワールドカップは終わりました・・・。

PK戦の嫌な思いを2回もしなきゃならないとは思いもしませんでした(泣)。
アフリカ勢初のベスト4を賭けたガーナ対ウルグアイの試合。
う〜〜。残念すぎる。
延長戦の最後の最後では「勝った」と思ったのに。
それにしても、あの場面でのスアレス選手のいわゆる神の手(悪魔の手でしょう?)・・・。
結果的にウルグアイはあれで救われた形ですね・・・。MVPですよ。(ちょっと恨み) 

Akosuaは前からアサモア・ジャン選手が好きで、
ヘクターがAkosuaにジャン選手の話をするときは
「your boyfriendが〜〜」と言うくらいなんです。
Your boyfriend spoiled the gameって感じで。
今日のことはそうは思いませんが。
だってこれまでの得点のほとんど(3/5)はジャン選手によるものだったんだし。
ヒーローですよ。

でも、
延長戦後半のロスタイムで得たPKに失敗したジャン選手が、
その後のPK戦の1番手として出てきて決めたときは、しびれましたよ〜。
体も強いですが、メンタルも強いんですね〜。
決着ついて泣き崩れる姿は見ていられませんでした。
あ〜もう、ぐったりです。

歴史的瞬間を心待ちにしていたガーナのサポーターが
万が一にも、ジャン選手やPK戦で失敗した2人に
危害を加えるようなことがないよう祈ります。
ベスト8、十分誇りに思っていいと思います。

 | HOME | 

BAR?UPRISING


uprising_logo_1

BAR UPRISING アップライジング
福岡市中央区天神3−4−15
天神バッカス館2F
092−732−3281 
20:00〜

店舗地図

メニュー

お知らせ

BAR UPRISING
Bacchus-Kan Bld 2nd fl.
3-4-15 Tenjin
Chuo-ku Fukuoka ? 092-732-3281
20:00-late

map1

menu1

news


カテゴリー



最近のエントリー



お気軽にコメントお寄せください



最近のトラックバック



ブログ ランキング


Fc2
FC2 国際結婚ランキング
人気ブログ
人気ブログランキング アフリカ
福岡
にほんブログ村 福岡情報

ご訪問ありがとうございます!



カレンダー


06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ



フリーエリア









お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

リンク


Books about Africa

African Music

mottainai

mottainai-shop

MOTTAINAIクリック募金



フリーエリア




AmazonStore
by amanatu

africanacookbooks1


Go!!! Avispa



RSSリンク



検索フォーム



30: 31: 32: