UPRISINGアップライジング

Hector のバーUPRISINGの紹介・イベント情報・ ガーナ・アフリカの四方山話・ Akosua と子供たちの日常etc.

最後のクラスでした

長男がお世話になったサッカースクール
小学校を卒業したため、昨日が最後のクラスとなりました。

今まで野球ばかりやってきた子が、
去年のワールドカップをきっかけに始めたサッカー。

野球チームに所属していて6年生で主力だったこともあり
あくまでも野球優先ということで
サッカーは週に1度のスクールのみ。

だけど、やればやるほどサッカーが楽しい。
あっという間に9カ月経って、スクールも卒業です。
そんなに面白いんだったら、もっと早くからやらせてあげてれば良かったと悔やまれますが
これからは、サッカーのクラブチームで、思いっきり練習できますね。

サッカ−が面白くなったのは
サッカーそのものの魅力っていうのもあるだろうけど
コーチ達のおかげでもあったと思います。

長男は野球チームの指導に最後まで馴染めてなかったみたいでした。
監督はAkosuaが子どもの頃からいて、40年近く指導されている大ベテラン
(長男とAkosuaは同じ小学校に通ったんですよ!)
いろいろな思いで、先のことも考えてそうされていたんでしょうが
子どもたちには分からなかった。
「ばか」とか「アホ」とか言われても、なぜ怒られてるのか分からないし
「考えろ」と言われても分からない。
指示も抽象的すぎて分からない。
試合中に、誰がなぜ怒られてるのか分からずに、
皆固まってしまってることも幾度となくあった。
自分たちで考えさせる方針だったと思いますが、子どもたちには分からなかった。
(ずっと後になって分かるのかも知れませんね。)
褒めることは絶対にない。

サッカーのスクールでは若いコーチがやってみせながら教えてくれる。
良くない時は、止まって、落ち着いて、
何が良くなかったかどうすべきだったか考えさせてくれるし
良い時は褒めてくれる。
長男は単純なので、褒められると俄然やる気が出る。
スク−ルなのできちんとしたコーチ陣がうまく教えてくれるのは当然なのかもしれませんが、
始めた頃とは見違えるほど上達しました。

小学生にとって、身近に、「すごい」とか「上手い」とか憧れたり尊敬したり
お手本をみせてくれたり
分かるように言ってくれるような指導者がいるのといないのでは
すごく違うと思います。

これからお世話になるクラブチ−ムもとても楽しいみたいで
ホントに良かったです。
子どもは楽しくないとやってても伸びないと思いますから。




妹夫婦から長男への卒業祝いのひとつ

「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」 長谷部誠 (著)

サッカー日本代表、長谷部選手が書いた本。

長男、だんだんと難しい年頃に入ってきて、
Akosuaのいうことは聞かない。
言えば言うほど反発する。

だけど、尊敬するサッカー選手のいうことだったら心に入るかな?


↓ 印税は全額、ユニセフを通じて、東日本大震災の被災地に寄付されるそうです。

日常の風景に感謝

今朝、ベランダで洗濯物を干していると
近くの公園で、長男の野球のチームメイトたちが
サッカーしてるのが見えて
(長男はサッカーの練習に行った)
子どもたちが無邪気に遊べることの有り難さをつくづく感じました。



2011.03.27.3
兄の友人たちとサッカーをする次男(昨日の写真)。
長男の友達、本当によく次男をかわいがってくれる。

うちは公園に近いので、
長男の友人たちはうちに自転車や荷物を(勝手に)置いて遊びに行きます。
それで、夕方「もう遅いので帰りなさい」と呼びに行くのも
Akosuaの役目みたいになってるんだけど
昨日は、「Akosuaがサッカーボールを奪い取ったら帰る」と言いだした。
なので、受けて立ちましたとも。
そしたら意外に簡単に取れましたよ。
長男いわく、「予想外の変な動きしてくるから」だそう。


先日JRに乗ってたら、
外国人の乗客で、誰かに似てるけど思い出せない〜って人がいたんだけど、
やっと分かってスッキリ。Speechだった。こんな人よくいますよね。



また、やってしまった(涙)

昨日は、次男の進級式。
4月から年長です。

新しいクラス編成が決まると、
役員決め。

これまで、長男の時も含めて、ずっと何かしらやってきたので
今年は絶対に役員にはなるまいと、固く心に決めていたのに
やっぱりなってしまいました(涙)。

危うくクラス役員にならされそうだったので
それならば、と去年と同じお祭りの役員を引き受けることに・・・。

はぁ・・・。どうせやるなら長男の中学校の方の役員が良かったんだけど。

保育園でも小学校でも、毎年役員する人の顔ぶれはあまり変わりませんね。




今日は、子どもたちとレベスタへ行ってきました。

『「九州だJ!」東日本大震災 被災地支援活動 トレーニングマッチ
≪アビスパ福岡 vs.大分トリニータ≫』

2011.03.27 TM1
2011.03.27.TM2

アビスパの選手や役員の皆さんが募金箱を持って義援金を呼び掛けていらっしゃいました。
たくさん集まったことと思います。

午後から長男の塾だったので、
残念ながら1本目終了後に帰らなきゃいけなかったんですが、
次男が発狂して大変だった(涙)。アビスパの方にも醜態をみられてしまいました(泣)。

普段は可愛いんだけど、時々手がつけられなくなって腹立たしい。

サッカーパスタ

そう言えば、ちょっと前に、お店で「サッカーパスタ」なるものを見つけました。

サッカーパスタ1

次男はパスタがあまり好きではなく、
「マカロニサラダ」を作っても食べない。

パスタを食べないからと言って、栄養的にどうということもないんだけど
これだったら食べそうな気がして買っておいたのを思い出して
今日使ってみました。

サッカーパスタ2

サッカーボールとスパイク。可愛いでしょ?

サッカーパスタ3

次男、食べた♪ こういうところが可愛い。

ちなみに、サッカーパスタサラダの他は
チキンのカレークリーム煮とクレソンのサラダ。
本当は野菜のスープもだったんだけど、忘れた。

2人でカフェランチ@大学

先日、長男と、地下鉄の有料駐輪場にとめていた自転車を取りに行った時
長男より一足先に着いたAkosuaの目の前に
挙動不審の男の子がいて
しきりにAkosuaの顔を見ながら
慌てた様子で自転車の鍵をガチャガチャとやってました。

後で長男が来て自転車を探すけど、ない。
「どこにつないでたの?」ときくと
何と、先ほどの怪しい男の子ががちゃがちゃやってた場所。

目の前でまんまと盗られてしまいました(泣)。
長男の自転車についていたのは3ケタの番号の鍵だったんだけど、
がちゃがちゃやってたら開くものなんですね(驚)。
ひどいヤツ。
「何やってんだろう?」とは思ってたけど、
まさか、我が子の自転車を盗んでいるとは・・・。
気付けよ!って話ですかね・・・。

シルバーの自転車って多いから、狙われやすいのかな?
なので、今度は赤に。


長男のサッカーの練習の帰り、2人で
かつてAkosuaの通った大学のキャンティーンでランチをしました。
天気が良かったので、外のテーブルで。

いつまで「ママ」とランチしてくれるんだろう・・・。
そのうち、一緒に歩くのも嫌がられるんだろうな。

会者定離

節目の時期だから仕方がないけれど
好きだった人とかお世話になった人とかと
こんなに一度にお別れが来るのは
辛いですね。3月は。

とても感謝しているんだけど
いざ、お別れの時が来ると、何も言えなかったりして
二度と会えないわけじゃないだろうけど
もっときちんとお礼の気持ちを伝えておけば良かったと悔やまれます。







長男の小学校の卒業式で
校長先生が、曲に合わせて歌詞を泣きながら朗読してくれました。

終わりは始まり

長男が、小学校を卒業しました。

震災のことを思えば、単純には喜べないけれど
今こうして生きていられることを
当たり前のことではなく、有り難いことなのだと思って
与えられた一日一日に感謝して、精一杯悔いのないように
まっとうに生きていかなければなりませんね。

そして、長男には他人のために役立つことができる人間になって欲しいと
願います。

3011.3.18

東北地方太平洋沖地震被災地への支援

東北地方太平洋沖地震被災地への支援

<福岡市の義援金の受付>
以下、市長のブログより

「ふくおかマルシェ」イベント会場内の「ふくおかライブフード」ブースに義援金箱を設置しました。義援金のご協力をお願いいたします。

 1 設置場所
   福岡市役所西側「ふれあい広場」
 2 設置期間
   3月12日(土曜日) 11時から17時まで
   3月13日(日曜日) 11時から17時まで

※3月14日(月曜日)からは、下記のとおり市役所や区役所にも設置します。
 1 設置場所
   福岡市役所1階 北側入口、南側入口
   7区役所、入部出張所、西部出張所 合計11箇所
 2 設置期間
   3月14日(月曜日)から4月13日(水曜日)   9時から17時まで

【担当課】
 市民局防災・危機管理課
 ?092-711-4056 fax092-733-5861



<献血>
以下、日本赤十字社 九州ブロック赤十字血液センター連盟 HPより

東北地方太平洋沖地震に伴う献血のお願い!(緊急)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による影響で、3月12日現在、
東北地方での献血を実施できなくなっています。
このため、九州地方から輸血用血液の支援を行います。
特に有効期限が4日間と短く、長期保存ができない『血小板成分献血」、
及び『400mL献血』へのご協力をお願いします。

3月13日(日)は通常は定休日となっている
 献血ルーム 北天神          (福岡市中央区)
 福岡県北九州赤十字血液センター(北九州市八幡西区)
を緊急開設します。
 (受付時間はいずれも9:00〜12:00 13:00〜17:00)

 献血ルーム ハッピークロスイムズ(福岡市中央区)
 献血ルーム キャナルシティ    (福岡市博多区)
 献血ルーム 魚町銀天街      (北九州市小倉北区)
は通常どおり開設します。

皆様のご協力をお待ちしています


とのことです。

野球チーム卒業、ありがとうございました。

卒部3011.3.6

長男が3年間頑張った少年野球。
昨日お別れ会を開いていただいて、
名残惜しいですが、卒部しました。

試合では、なかなか思うような結果は残せませんでしたが
3年間で体力的にも精神的にも大きく成長したと思います。

練習時間も多いし、とても厳しかったので
それに比べたら、長男、これから多少辛いことがあっても、大丈夫でしょう。

何より、部員同士、保護者同士がとても仲が良かったので
本当に楽しかった。
親も子も一生の思い出になると思います。

例によって、子どもたち壇上で、泣きながら、ひとりひとり卒部に当たっての挨拶。
(例によってうちの長男は泣かない)
みんな、それだけ頑張ったんでしょうね。
結果が出なかった悔しさで言葉にならない。
うちの長男は、勝敗に無頓着すぎるのか、頑張ってないから悔しさもないのか
勝敗を超えたところで何かを感じてるのか、鈍感で何も感じないのか
Akosuaには分かりませんが、
皆が声を詰まらせて一言一言やっと振り絞ってるのとは対照的に
「え〜、監督・コーチ・保護者の皆さま、大変お世話になりました。
え〜、僕がこのチームで学んだことは〜、
え〜、チームスポーツでは団結力が一番大事で、え〜・・・・」みたいな感じで
何だか淡々としたものでした。
(Akosuaに似て)感情を表に出すのが苦手なのかな?

でも、後輩の1人が次期の背番号が授与されたあと今後の目標を発表する時
長男のような選手になりたい、と言ってくれて、たとえお世辞でも嬉しかった。


お別れ会の後、子どもたち(と父たち)監督のお宅に行って
長男、帰って来たの12時過ぎ・・・。最後くらい、まぁ、いいか。
子どもたち、お祝いに、ホークスのスプリングキャンプの帽子をいただいたんですが
示し合わせて、今朝、皆でその帽子をかぶって登校してました。

他にも、チームのロゴが入ったマグカップとか寄せ書きとか
ホークスのオーティズ選手にお願いしてあったサイン色紙をいただきました。感激♪

6年生、監督から「後輩を育てろ」とコーチ役を仰せつかったので
まだ、しばらくは、練習に行って後輩に指導(?)するそうです。

来週の週末は、監督・コーチと6年生で「卒部旅行」。それで、最後です。

終わりました。

先週ノーゲームになった試合のやり直し。
試合が雨で打ち切られるまでは勝ってたので
今日のやり直し試合も当然勝つと思ってた。
そしてその次の試合でも勝って
明日も試合に行くつもりでいたのに
ま・さ・か・の敗北。
信じられない。
長男の野球人生、あっけなく幕を下ろしました。
この間のホームランは一体何だったのか・・・。
放心状態ですよ〜。驚きで涙も出ない。

予想外に早く帰ってきてしまい
アビスパの開幕戦、間に合うね〜と思ったけど
長男だけ置いていくのも可哀想だし(まだ帰って来てない)
夕方からママ友の送別会があるので、今日は断念。
ヘクターは行ってるようですが。

どよーんとした気分。
せめてアビスパは勝つといいなぁ〜。

モノリンガルですが、何か?#2

以前も書いた「モノリンガルですが、何か?」は<こちら>

今日は、その「パート2」。

最近、というか昔からですが、「子どもたちに英語を習わせろ!」と周りがうるさい。
次男がちっとも英語を理解しないことに対しての、人々の反応も、
「聞いてはいけないことを聞いてしまった」みたいな
何か触れてはいけないことに触れてしまったバツの悪さみたいなのが伝わって来て、
まるで、英語が分からないのが普通じゃないことのような・・・。
父親が外国人なのでそう思うのも無理はないでしょうが、
うちのような環境で、放っておいても英語が分かるようになるってのはありえない。

念の為ことわっておくと
Akosua自信、英語なんて話せなくていい、と思ってるわけじゃないんです。
英語が分かった方がいいに決まってます。経験上そうです。
でも、英語が分かるだけじゃダメでしょう?
「何かができる人」が英語が分かると強いですけどね。

英語は「言葉」であって、コミュニケーションの手段でしかなく、
大事なのは「何を話すか」、「何が出来るか」。

Akosuaの母、自分は、「シリアル」のことを「シリカゲル」と言ったり
「ニトリ」のことを「ニトロ」と言ったり
「テポドン」のことを「デコポン」と言ったりするような人間のくせに
孫たちが英語を話さないのが気に入らない。

長男に
「サッカー選手になりたいなら英語ぐらい話せんと・・・」と言って
(すごい論理の飛躍)やたらと英会話教室を勧める。

こんなだと、まさに
「プレミアリーグでプレーしたいから」と言って
サッカーの技術を習得したり選手としての資質を高める前に
「英語」を勉強するような、おかしなことになるんです。

なので、言葉は後でいい、と思ってます。
(英語、英語って躍起にならなくていい)
先に何かができるようにならないと・・・。

ついでに言うと、言葉の能力よりも性格的なことが大きいことだってあると思う。
たとえば、サッカーなどで海外のチームに行ったとして・・・
「あのぉ、よろしくお願いします。(ぺこぺこ)」みたいな態度より
「俺様が来てやったぜ。(はぐはぐ)」の方が良かったりするかもしれないし。
まぁ、「言葉が分からない、どうしよう(ドキドキ)」ってのが
ないに越したことはないでしょうけど。
いずれにせよ、要は中身だと思います。



次男、保育園で英語を習ってるけど、まるで興味ないみたいで
「今日何習った?」ときいても、「忘れた」とか「知らん」とかとしか答えない。
その次男が、最近、"I feel great."と"I feel good."を覚えた。
ちょっと喜ぶヘクター。

ハッピーバースデー♪ゴルビー☆

元ソ連大統領のゴルバチョフさんが80歳の誕生日を迎えたとのニュースを見て
思い出した。

大学3年の時の夏、横浜から「ナホトカ号」っていう船に乗って
ロシア(当時はソ連だった)のウラジオストックに行って
そこから、シベリア鉄道に乗ってモスクワに行って(確か1週間くらいかかった)
何日かそこで過ごして
引き続き列車でレニングラード(今のサンクトペテルブルグ)まで行って
さらにそこからフィンランドのヘルシンキまで行って
ヘルシンキから「シリヤライン」っていう船に乗ってスウェーデンのストックホルムに行って、
そこから列車でデンマークを通ってドイツに行きました。

確か、本当は帰りにシベリア鉄道で
モンゴルのウランバートルか中国の北京に行きたかったんだけど、
日数がかかり過ぎるので諦めた。

一緒に行った友人がドイツで体調を壊して先に帰ったので
Akosuaは1人で東西統一から10ヵ月を経たドイツをぷらぷらして
フランクフルトとかケルンとかボンとかベルリンとかを回って
しばらくして飛行機で韓国を経由して日本に帰りました。

その夏に起きたのが「ソ連8月のクーデター」。
(ゴルバチョフさん軟禁された)
そしてその年にソ連は崩壊したんですよね〜。


「あれから、何年経った」とか書くと歳がバレるのでやめておきますが
ってか、クーデターの年が分かれば同じことですね。がくっ。
まぁ、いいです。



余談ですが・・・
そんな旅を終えて、やっと日本の家に着いたのが朝だったんですが
「やっと着いた〜♪」と荷物を整理してると、妹にバイト友達が急用で休むという連絡があり
「ちょうど良かった。おねえちゃん代わりに出てくれん?」ってことで
なぜか帰って来たばかりのAkosuaが、時差もあって頭もきついのに
そのまま行ったこともないバイト先にピンチヒッターで出るはめに。
しかも見も知らない妹の友達のために、やったこともない仕事を・・・。
若いころって凄いパワーがあったんだな。


モスクワからウラジオストックまで
"6 and half days, 8 time zones away・・・"
8タイムゾーンってすごくないですか?

「希望」「常に前進」

昨日は、もうだめかと思われた確定申告。
経理の入力も全部終わらせて、決算も済ませて、何と間に合った。
事業の規模が小さいのでできたことではあるんですが
とても無理だと思われたことが成し遂げられたので
ドーパミン大放出ですよ〜。
もう、「経理楽しいぜ〜」って感じで、今年分にも早くも(早くないですね)着手したりして。
ワタクシ子どもみたいですね。




今日は長男の小学校で「親子の集い」ってのがありました。
12年間を親子で振り返る行事です。
いつものことですが、うるうる来ちゃって我慢するのが大変でした。
子どもたち立派に成長してます。

子どもから親へのサプライズなプレゼント。
長男すごく照れた様子で持ってきました。

親子の集い

前に長男から「好きな花は何か」と聞かれたのを思い出しました。
これだったんですね。
言葉にも照れくささが表れてますね。

ガーベラの花言葉を調べてみたら
「希望」「常に前進」「辛抱強さ」など。
(さらに花の色ごとにいろいろあるようですが)
この花言葉のように
長男もAkosuaも頑張って行けたらいいな・・・と思いました。

 | HOME | 

BAR?UPRISING


uprising_logo_1

BAR UPRISING アップライジング
福岡市中央区天神3−4−15
天神バッカス館2F
092−732−3281 
20:00〜

店舗地図

メニュー

お知らせ

BAR UPRISING
Bacchus-Kan Bld 2nd fl.
3-4-15 Tenjin
Chuo-ku Fukuoka ? 092-732-3281
20:00-late

map1

menu1

news


カテゴリー



最近のエントリー



お気軽にコメントお寄せください



最近のトラックバック



ブログ ランキング


Fc2
FC2 国際結婚ランキング
人気ブログ
人気ブログランキング アフリカ
福岡
にほんブログ村 福岡情報

ご訪問ありがとうございます!



カレンダー


02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ



フリーエリア









DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

リンク


Books about Africa

African Music

mottainai

mottainai-shop

MOTTAINAIクリック募金



フリーエリア




AmazonStore
by amanatu

africanacookbooks1


Go!!! Avispa



RSSリンク



検索フォーム



30: 31: 32: